スポンサードリンク

看護師へ転職するには

看護師の転職

看護師に転職する前に、看護師というのはどういうものか理解しておきましょう。看護師は、患者さんの健康を維持できるように手助けし、最終的に自分の力で生活がしてけるように支援することです。

また、患者さん一人ひとりの命を大切にする気持ちと、行動をとることが要求されます。医療を行うものとして、患者さんだけでなく、周りの人の健康に目を向け、その役割を果たすことが必要になってきます。

健康を守り、病気からの回復を助けて、ケガや病気などがそれ以上に悪化しないようサポートします。

時には、患者さんの相談を元に、健康を向上、または維持するための生活指導を行ったりもします。

また、分かるとは思いますが、事故や病気にあった方が、全員が助かるとは限りません。実際死を迎える人とその家族もいます。そういう方々に対してはできる限り平和に過ごせるように、適切な援助を行います。

元々看護師ではない人が看護師になろう、また転職しようとする場合、まずは資格を取らなければなりません。国、市町村が規定している看護に関する教育を受け、それから国家試験あるいは各自治体の認定試験を受験し、合格する必要があります。

正看護師を希望する場合は国家試験をパスする必要がありますし、准看護師の場合は、自治体の認定試験に合格する必要があります。

というように、看護師資格がない人が看護師に転職しようとする場合、すぐに仕事に就けるというわけにはいきません。看護師資格を持っている人が同じ看護師として転職を望む場合は、通常の転職活動と同様に、転職先を探しましょう。

看護師の仕事というのは大変忙しく、転職の情報を収集する時間もほとんど取れないと思います。そこで、看護師専門の求人サイトなどがたくさんあるので、それらを上手に利用すると効率よく転職先を見つけることができます。

この転職先を探す手段というのはインターネット使うことですから、仕事をわざわざ休まなくても、自宅へ帰ってから職場の人の目を気にせずに転職活動をすることができます。

需要のある専門職だけに、看護師の求人数は常時非常に多く、特に2006年の診療報酬の改定により看護師の募集は、増加の一途です。

ただ、転職するからには、やはり勤務地や業務内容、給与など、できるだけあなた自身の希望に合ったものを吟味する事が大切だと思います。

そういう時は、看護師の転職に関するアドバイスを受けるのも良いかもしれませんね。忙しい仕事を抱えながらの転職活動ですから、利用できることは利用してみましょう。
posted by 看護師転職 at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 看護師へ転職するには

看護師に転職、看護師の転職

看護師に転職

看護師に転職する前に、理解しておきたい事などもありますよね。まず、看護師の本質というのは、患者さんの健康を守り、その人らしい生活が築けるようサポートすることです。

人それぞれの命を尊重する気持ちや、行動を持つことが看護師には求められます。看護師は、医療を行う者として、人々の健康に焦点を合わせた役割を果たすことが望まれています。

医師や看護師は、患者さんの健康を維持したり、病気を予防したり、ケガなどからの回復を助けたりして、ケガや病気などが悪化しないようにサポートします。

看護師は、看護する立場としては、自分自身が心身共に健康である必要があります。常に、人間を平等で客観的にみることができ、一言の励ましと明るい希望を与え続けられていかれるか、どう良心的に突き進めていかれるか、全力投球でその人に発信していかなければなりません。

患者さんが潜在的に持っている自然治癒力を、プラスに働くように導くように生命力、患者自らの身体を治すその力を看護師が手助けするのです。

看護師は患者さんとの信頼を深めようとして、思いがけず自分の本当の気持ちに直面するときがあります。

それは、患者さんに受け入れてもらうため、または柔軟性を持つために、患者さんの人生観や価値観にまで、立ち入ってしまうこともあるんです。

これまで一人一人生きてきた人生も違うこともあれば、考え方も違います。さまざまな患者さんをあるがままに受け止め看護の立場から、その人が健康を取り戻すよう、できるだけ回復する援助をします。

看護師として大切なことは、人は色々な場面で何を考え、何を必要としているのかなどを勉強し、医療の進歩とともに、看護師自信が成長していきたいと考えることです。

話は変わりますが、薬剤師を理解するには、まず薬剤師の業務内容を理解しなければなりません。

薬剤師は、人々の病気の治療や健康の維持のために、現代の生活に欠かすことのできないものになっていますよね。病気やケガで病院にかかって薬をもらったり、具合が悪いときに町の薬局・薬店で薬を買ったことがあると思います。

この薬が、製薬メーカーで作られ、医療機関や薬局等を経由して私たちの手元に届くまでのすべての過程で、薬学を基礎とした専門的な立場から関与しているのが薬剤師なのです。
posted by 看護師転職 at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 看護師に転職、看護師の転職

看護師の仕事、看護師の仕事は

看護師の仕事は

病院看護をしている看護師は、医師の指示のもと、外来患者さんや入院患者さんの日常生活の援助や、注射、点滴などの治療に伴う処置などをしています。

看護職というのは、准看護師、正看護師、保健師、助産師の資格を持った人のことを言い、看護の仕事は、科学的な知識や技術、時には患者さんの話し相手になり、元気を与え、そして人々の健康を守り、できるだけ豊かな生活が送られるようサポートをする仕事です。

つい昨日まで、自分で自分の身の回りのことができていた人でも、病気になったりケガを負ったりすると、自分で自分のことが出来なくなりますよね。

そういう困った時に、私たちの身の回りの世話をしてくれるのが看護師の仕事です。また、病気やケガの際、1日も早く回復するために、病院では診断治療がされます。

そういう時、看護師は患者さんの病気、ケガの状態を患者さんから事前に聞き、しっかり正確な診断がされるために、医師に情報の伝え、医師の治療の手助けをします。

また、家で療養される方には訪問して看護をします。これを在宅看護といいます。

さらに、日常的に気をつけること、日頃から病気にならないようにするにはどうしたらよいかなどの食事や生活習慣のアドバイスや、今の健康な状態を維持するためには軽い運動をした方が良いなどを一緒に考え実行する事も行ないます。

また、看護師の仕事は病院看護だけではありません。市町村の役場や機関で地域の人たちの健康保持に勤める保健師や、企業で働く社員などのスタッフの健康管理、相談をしている保健師もいます。

訪問看護ステーションというところでは、自宅療養している方を訪問し、看護をしていますし、助産所は、助産師が出産のお手伝いをしています。

自宅出産をする場合は、妊婦さんの自宅に行き出産のお手伝いをします。

学校でも、保健師は活躍しています。学校の生徒だけでなく、教師の健康管理も行っています。健康管理をするだけでなく、自分の健康を維持していくための健康教育活動も行います。
posted by 看護師転職 at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 看護師の仕事、看護師の仕事は
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。